生活介護事業所「ぴぃーす」

所在地 静岡県静岡市駿河区
床面積 557.26
構造 鉄骨造
階数 地上2階
竣工年 2020年竣工

静岡市が掲げる『生涯活躍のまち静岡』(CCRC)構想の中で、駿河区役所近隣の地域福祉エリアに福祉拠点を担う施設の新築計画です。
静岡市では、重度の障害に対応した社会福祉施設が少なく、心身障がい者やその家族を支援する環境がまだ整っていないという問題を抱えており、『生涯活躍のまち静岡』構想ではその問題を解消するための地域拠点整備を推進してきました。本計画はその構想の一端として、特に重度の障害を持つ方に対応可能な生活介護施設としての機能と、外部に開放可能な中間領域を持つ地域交流施設としての機能を持つ施設を計画しました。
外部は、断熱材入り金属サイディングを使用することで室内環境の変化を抑え、軒天井の羽目板で金属の重厚感を和らげつつ質感に変化を与えています。
内部の主要室となる各作業指導室と中央の多目的ホールは、間仕切りを解放することで一体的に利用できる計画とし、活動時間の多くを占める多目的ホールは天井高を2階と合わせることで開放的な空間としています。
1階の一部は、地域に開放可能な地域交流スペースとし、貸し会議室や地域の交流イベントで独立して運用可能な計画となっており、外部から直接出入り可能な設えとすることで自由度の高い空間として計画しています。地域交流スペースはオープンな空間とすることで、外部への貸出運用だけではなく施設利用者の活動を紹介する場としての機能も有しています。
“障害を持つ方のためだけの閉じた施設”ではなく、近隣施設を交えた地域との『共生』を担う施設を目指しました。