BLOG

ブログ

2021.07.11

テオ・ヤンセン展

テオ・ヤンセン展に行ってきました。
身近にある素材を使って風の力だけで動く作品の形状に大きなインパクトがありますが、
展覧会を見て面白みを感じたのは2つのことでした。

1つは作品を作り始めたきっかけ。
オランダ人のテオ・ヤンセン氏が、連載していた新聞のコラムに掲載したオランダの
直面する環境問題、温暖化による海面上昇への対抗策として風を食べて砂を吐き出す
生物が海岸線の浸食を守るという本人による想像上の話を具現化しようと試みたもので
あることです。
2つめはその作品を生物「ビースト」として扱い、作品の展開に関して空想上の独自の
時代区分を設定しているところです。最初は同じように見えていたビーストたちの違い
と彼らの進化に対する理解を促されました。

屋外で作品が動く様子を実演するイベントのある日に合わせて楽しみに展覧会に行きま
したが、到着したらイベント中止の案内。もう慣れっこになってしまったコロナの仕業
でした。
環境問題に立ち向かうビーストたちもコロナには屈してしまいました。

長谷川